キャバクラとは違った楽しみ方ができると、年々その人気が上昇しているのがセクキャバです。セクキャバは、「お触りOKなキャバクラ」や「過激なサービスが楽しめるキャバクラ」などと呼ばれ、近年夜の遊び場として非常に高い人気を誇っています。
しかし、このセクキャバに関しては、夜のお店に慣れていない方を惑わせてしまう注意ポイントがあるのです。それは、似たようなくくりになっているお店が複数存在しており、セクキャバと似たような意味でつかわれる名称がいくつも存在することです。例えば、セクキャバには、別称で『ツーショットキャバクラ』『オッパブ』『お触りパブ』などといった名称もあり、こういった名称の違いで何か違いがあるのだろうか?と迷ってしまう人も多いと言われています。さらに最近では、これらに加えて『いちゃキャバ』なるお店が登場しており、いちゃキャバがセクキャバと同じタイプのお店なのか?と迷ってしまっている人が多いと言われています。

そこで今回は、こういったお店にあまり慣れていない方が、お店選びに失敗しないよう、『セクキャバ』と『いちゃキャバ』のそれぞれの特徴を簡単にご紹介したいと思います。

セクキャバってなんだ?

それではまず、セクキャバがどういったお店なのかからご紹介しましょう。セクキャバは、「お触りOKなキャバクラ」などと言われるように、キャバクラの派生としてできたお店です。
キャバクラとの明確な違いは?というと、キャバクラで飲む場合には、隣に座ってくれる女の子に関してはお酒の接待と談笑だけがサービスで、女の子に触れることは一切禁止されています。キャバクラも風俗営業法の許可は取るのですが、あくまでも飲み屋の一つで、隣に綺麗な女性が座ってくれて会話の相手をしてくれるだけなのです。
セクキャバは、このキャバクラのサービスに『お触り』がプラスされたお店になります。「どこまでのサービスがOKか?」はお店によって微妙に異なり、完全に上半身(おっぱい)だけのお触りを許可しているお店から、中には女性の下半身までお触りがOKになっているような過激店もあります。基本共通しているのは「バストを揉む・乳首を舐める、吸う・キス」などができることがセクキャバのメリットです。
一般的なセクキャバに関する覚えておきたいポイントは以下のような感じです。

  • ☑ 営業時間はキャバクラと同じで、日の出から24時となる
  • ☑ キャバクラと同じで、場内指名、本指名の指名制がある
  • ☑ ドリンクやキープは基本キャバクラと同じ。最近は飲み放題のお店が登場している
  • ☑ 同伴はキャバクラと同じ
  • ☑ アフターは禁止になっているお店が多い。お店によっては嬢との連絡先交換も禁止

セクキャバ料金形態について

次は、セクキャバで遊ぶ場合の基本的な料金形態についてです。セクキャバの多くは、1セットのサービス時間が50分となっており、料金相場は10000円程度となります。キャバクラと比較した場合、お触りがOKな分、少し割高な料金設定になっていると考えておきましょう。
なお、セクキャバは、キャバクラとは異なり、かなり明確にコンセプトが決められています。そして、そのコンセプトによって料金設定にかなり違いが出ますので注意しましょう。人妻・熟女コンセプトなどとなると、1セット7000円程度のお店もあるのですが、高スペックな若い女性を集めているコンセプトになると、1セットで15000円ぐらいになることもあります。

いちゃキャバってなんだ?

次は『いちゃキャバ』についてご紹介しましょう。最近よく耳にするようになったいちゃキャバですが、これはセクキャバから派生してできたタイプのお店と言われています。
お店のサービス内容的には、「キャバクラとセクキャバの中間」などと呼ばれるのですが、個人的にはセクキャバよりと考えても良いと思います。なぜかと言うと、いちゃキャバは、セクキャバ同様に、キャバクラでは禁止されているお触りがOKとされており、お酒を飲みながら可愛い女の子の身体を楽しむことができるのです。
こう聞くと、セクキャバと一緒じゃないか…と思うかもしれませんが、セクキャバとの違いはもちろん存在しています。いちゃキャバでは、セクキャバ同様に女の子の上半身へのお触りがOKなのですが、お触りはあくまでも「服の上から」となるのです。セクキャバでは、隣に座る女の子が上半身を丸出しにしているようなお店もあるのですが、いちゃキャバは女の子が上半身の服を脱ぐことはありません。したがって、セクキャバ慣れした方がいちゃキャバに行った際には、サービス内容が中途半端で楽しめない…と言ってしまう人もいるのです。
こういったお店が登場し始めた理由は、セクキャバのハード化による摘発が背景にあると言われています。そもそもセクキャバを風俗だと考えている人もいるのですが、実は風営法的にはキャバクラ同様の飲み屋さんになるのです。そのため、セクキャバではあくまでもお触りがOKなだけで、『ヌキ』行為はないわけです。しかし、本来の法律的に考えると、公然の場で上半身丸出しにして男性客に触らせる行為…というのは、公然わいせつ罪に当たるのでは?という考えもあり、今までは暗黙の了解で許されていたものが、許されなくなっているという訳です。これは、セクキャバ店同士の競争で、サービス範囲がどんどんハード化してしまって、さすがに当局も無視できなくなってきたのが理由だと考えられるでしょう。

こういった理由もあり、ソフトサービスを売りとして『いちゃキャバ』なるお店が登場したのです。ちなみに、サービス内容がソフトになっているため、働く女性キャストのレベルが高いという点が大きなメリットになると思います。なお、サービス内容的にはセクキャバに分類されるものなのに、いちゃキャバを名乗っているお店もあります。

セクキャバ料金形態について

いちゃキャバの料金体系については、基本的にセクキャバに同様の考え方になっています。ただし、サービス内容がソフトになる分、高級セクキャバのような料金になっているお店はありません。基本的には1セット7000円程度から遊べるお店がほとんどでしょう。なお、いちゃキャバに関しては、多くのお店で飲み放題が導入されていますので、お酒好きの方にはオススメできます。

まとめ

今回は、『セクキャバ』と『いちゃキャバ』に関して、それぞれの特徴についてご紹介しました。セクキャバといちゃキャバは、どちらも接客してくれる女性キャストの上半身はお触りOKというのは共通していると考えても良いです。しかし、セクキャバは直接女性に触れるのに対し、いちゃキャバは女性が服を脱ぐことはなく、服の上からのみ触ってもOKという違いがあります。
つまり、いちゃキャバに関しては、どちらかというとキャバクラのようにお酒も楽しめるということを売りにしており、女性との会話が持たない場合には、服の上からでも触れるというのがメリットになっているのです。セクキャバといちゃキャバは、明確なサービスの違いがありますので、遊びに行くときには間違えないようにしましょう。