皆さんは、セクキャバやおっぱぶなどと呼ばれるお店で遊んだ経験はあるでしょうか?簡単に言うと「お触りができるキャバクラ」などと形容されるように、キャバクラ同様に女の子が横に座ってお酒の相手をしてくれるのですが、キャバクラでは絶対に禁止とされている女の子へのお触りやキスなど、かなり過激なサービスを受けることができ、サラリーマンの方の二次会などで大人気となっています。

しかし、こういったお店は、サービスが過激な分、なかなか一人で遊びに行くのはハードルが高いため、シャイな男性であれば興味はあるものの実際には行ったことがない…という人も多いことでしょう。しかし、そういった方であっても、仕事関係の付き合いなどでいきなりセクキャバに連れていかれることもあるでしょうし、こういった業種のお店では何ができて何ができないのかは知っておきたいと思っているのではないでしょうか?
当然、「お触りがOK」と言っても、何をしても許されるという訳ではなく、またややこしいのがお店によっておさわりできる範囲などが違ってくるのです。そこで今回は、一般的なセクキャバやおっぱぶなるお店に遊びに行った時、どういったことが認められて、逆にどのような行為がNGとされているのかを簡単にご紹介していきたいとおもいます。

そもそもセクキャバってなんだ?

セクキャバで出来ることや出来ないことをご紹介する前に、「そもそもセクキャバなるお店はなにか?」という基礎知識についてご紹介しておきましょう。

セクキャバに行ったことが無い人であっても『セクキャバ』や『おっぱぶ』という名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。『セクキャバ』は「セクシーキャバクラ」の略語になるのですが、この名称から分かるように、よりセクシー(過激な)なサービスを受けることができるキャバクラをあらわしています。どういうことかというと、このタイプのお店は、キャバクラ同様に女の子にお酒の相手をしてもらえる接客飲食店になるのですが、接客中に女の子のおっぱいを触ったり舐めたりできるというのが最大のメリットになるのです。こういったお店の特徴から『おっぱぶ(おっぱいぱぶ)』や『お触りパブ』なんて別名も使われるようになっています。

単に女の子と話しながらお酒を飲むのではなく、お気に入りの女の子を触りながら飲めるお店がセクキャバと呼ばれているのです。ちなみに最近では、いちゃキャバやツーショットキャバクラなんて呼び名も登場していますが、これらは基本的にセクキャバのことを指しています。

セクキャバって何が楽しめる?

それでは、セクキャバに行けばどのようなことを楽しめるのか?ということをご紹介していきましょう。わかりやすく言えば、キャバクラ以上風俗未満のサービスを受けることができるお店と考えておけば間違いないと思います。

① お酒を飲める

前提条件が「お触りがOKなキャバクラ」と言われるように、キャバクラ同様にいろいろなお酒を飲むことが可能です。セクキャバは、お酒を飲みながら女の子に触るということがコンセプトになっているわけですから、当たり前のことですね。
最近では、飲み放題となっているお店も増えていますので、「お触りもしたいけどたくさんお酒を飲みたい!」と考えている人にもオススメです。

② お触りができる

セクキャバは『おっぱぶ』や『お触りパブ』なんて別名があるように、お酒を飲みながら女の子へのお触りができる点が最大のメリットになります。また、サービスタイムやダウンタイムなどがあるお店であれば、その時間になると店内が暗くなり「女の子が上半身を脱いで、お客さんの上にまたいで触り放題になる」なんてサービスもあったりします。
逆に、服の上からしかお触りできないタイプのお店もあり、こういったお店が『いちゃキャバ』なんて呼ばれます。

③ 下半身のお触りOKのお店もある

セクキャバの中でもハードサービスを売りにしているお店もあり、そういったお店では女性の下半身を指で触ったり、指入れまでオッケーなんて場合もあります。ただし注意が必要なのは、ここまでのサービスがOKになっているのはごく一部のお店ですので、これがセクキャバの「普通」だと思わないようにしましょう。禁止されているお店で下半身を触ってしまうと退店させられる可能性があるので、入店時にお店のNG事項は確認しておきましょう。

④ レベルの高い子と遊べる

セクキャバやおっぱぶの人気がここまで高くなっているのは、他の夜系のお店と比較しても可愛いい、スタイルが良いなど、かなりレベルが高い女性が揃っているからです。
なぜかと言うと、セクキャバで働く場合には、キャバ嬢のような店外デートも少ないですし、メールなどで営業する必要が無いため、煩わしい仕事をする必要がありません。また、風俗店ではないので、『ヌキ』などの性的サービスがなく、「単に触られるだけ」なのです。その上、お給料となる時給はキャバクラなどと比較しても1.5~2倍程度になるなど、安定して高収入が得られることから、比較的レベルが高い女性が集まるのです。
また最近では、キャバクラのようにお酒を飲まずに働くことができることから、まだお酒に慣れていない女子大生のバイトとしても人気となっています。遊ぶ男性からすれば、レベルの高い若い女性を触りながらお酒が飲める最高の環境になっているのです。

⑤ アフターに誘えるお店もある

セクキャバの中には、キャバクラ同様に女の子と連絡先交換をしてアフターや同伴に誘えるお店もあります。実際に、セクキャバ嬢を何とか口説くこと目指して頻繁に通う男性客も少なくないのです。
ただし、セクキャバはそもそものサービスが過激な分、店外で客と会った場合、高確率で肉体関係を迫られてしまうなど、アフターでのトラブルの可能性が高いと言えます。したがって、セクキャバ店の多くは、お店自体が女の子との連絡先交換を禁止している場合も少なくありません。その場合はアフターは諦めた方が良いでしょう。

セクキャバって出来ないことは?

セクキャバは上記のように、キャバクラではできないさまざまなことが楽しめるお店です。しかし、何をしてもOKという訳ではなく、当然NGとされている行為もあるので注意しましょう。

① ディープキス禁止のお店も多い

セクキャバは、お触りがOKなのに加えて、キスもOKとなっています。しかし、いちゃキャバなどライトサービスが売りのお店の場合、ディープキスまでは禁止となっていることも多いです。

② 自分の股間を触らせるのはNG

セクキャバは風俗店ではありませんので、接客してくれる女の子に自分の股間を触らせるのはNGです。意外と勘違いしている人が多いのですが、セクキャバはあくまでも「キャバクラのサービスが過激になっただけのお店」ですから、自分から触らせるという行為はNGなのです。
ちなみに、女性から触ってくることはありますが、自分からはダメです。

③ 基本は女性の下半身へのお触りは禁止

上述した「セクキャバで出来ること」部分にも出てきましたが、前述したように『ごく一部』のお店で女性キャストの下半身のお触りがOKなのです。
一般的なセクキャバやライトなサービスが売りないちゃキャバになると、認められているお触りの範囲は基本的に上半身のみで、下半身へのお触りは禁止となっています。また、ハード店の中にも嬢によっては下半身へのお触りをNGとしている場合がありますので、注意しましょう。嫌がっているのに無理やり触ろうとすると退店させられてしまう可能性があります。

④ 抜きは禁止

セクキャバは風俗と勘違いされることも多いですが、あくまでも接客飲食店に分類され、キャバクラの親戚のようなお店となりますので、所謂『抜き行為(射精すること)』は完全に禁止です。セクキャバと非常に似ているお店で抜きまでありなのは、セクキャバではなく『ピンサロ』などと呼ばれるお店です。
セクキャバは、風俗店ではないため、抜き行為をさせてしまうと法律を違反してしまうことになります。そのため、いくら興奮したとしても自分から射精しようとしたり、抜き行為を強要させようとするとボーイさんにつまみ出されてしまいます。どうしても抜きたいのであればお店を出てデリヘルにでも行きましょう。

まとめ

今回は、いまいちセクキャバの常識がわかっていない人のために、セクキャバで楽しめることや逆に出来ないことについてご紹介してきました。セクキャバの基礎知識として覚えておきたいのは、「お触りがOKなキャバクラ」や「過激なサービスが受けられるキャバクラ」などと形容されるように、あくまでもキャバクラのサービスが拡大しただけで接客飲食店に分類されるお店だということです。つまり、風俗店として遊びに行き、抜き行為まで期待しているというのであれば、それはセクキャバに関する認識違いで、決して満足のサービスを受けることはできません。
これから始めてセクキャバに遊びに行こうと考えているのであれば、本稿の内容は是非頭に入れておきましょう。