今回は、理想の女の子が在籍するセクキャバで遊びたいと考える方が、お店選びで失敗しないようにおさえておきたいお店の『コンセプト』についてご紹介します。
セクキャバやいちゃキャバ、オッパブなどと呼ばれるお店は、近年非常に高い人気を誇っています。こういったお店は、『過激なキャバクラ』などと呼ばれており、キャバクラのように女の子とお酒を飲めるというのは同じなのですが、隣に座った女の子にお触りがサービスとして認められているのが特徴です。
特にセクキャバが好まれる理由は、風俗のようなヌキのサービスが無いため、女の子も働きやすいことで、夜関係のお店の中でも特にレベルの高い女の子が集まっていると言われる点です。男性からすれば、普段は接することもなかなか難しい可愛い女の子にエッチなことをしながらお酒を飲めるという天国のようなお店なのです。
しかし、セクキャバで遊ぶときにいくつか注意が必要なのは、キャバクラなどと比較して、明確にコンセプトが分けられているということです。どういうことかというと、セクキャバ店は特定のコンセプトを決めているため、そこで働く女性はそのコンセプトに合っている女の子が集まっているのです。例えば、『人妻・熟女』がコンセプトのセクキャバであれば、30代以上の女性がメインで働いており、若い女性とイチャイチャしたいと言っても、好みに合う女の子がいない場合がある…ということです。
そこで今回は、セクキャバのお店選びに失敗しないよう、セクキャバの代表的なコンセプトについてご紹介しておきます。

セクキャバはいろいろなコンセプトがある!

それでは、セクキャバのコンセプトをご紹介していきましょう。セクキャバ店は、かなり明確なコンセプトのもと営業を行うお店が多いため、自分の好みと違うコンセプトのお店に行っても、満足できなかった…なんてことになりかねません。
代表的なコンセプトは以下のようなお店です。

最近人気なのは『和風』セクキャバ

近年セクキャバ業界で旋風を引き起こしているのが『和風』コンセプトのセクキャバです。
このタイプのセクキャバに関しては、女の子の年齢層はそこまで関係ありませんが、和風のドレスを着て接客してくれるお店になります。特徴のあるお店の中には、半個室か個室になった和室での添い寝サービスまであるようなお店まであるのです。入店して、セクシーな和装をした女性キャストと2人して横になっていちゃいちゃ出来るなど、今までにないサービスで業界の中でも話題です。注意が必要なのは、和風コンセプトの人気が高くなってから、後付けで和風を打ち出すお店も増えている点です。こういったお店の中には、お店の内装などは元々あったお店のままで、単純にキャストが和服を着ているだけ…なんて興ざめなお店もあるので注意しましょう。
したがって、最近話題の和風コンセプトのお店に行ってみたいと考えるのであれば、店内がお座敷なのか添い寝ができるのかなどを予め確認しておくべきでしょう。

オーソドックスなのが『制服』コンセプト

こういった夜の業界で最もオーソドックスと言われるのが女子高生などを模した『制服』コンセプトのお店です。セクキャバ業界でもこの制服コンセプトは非常に根強い人気を誇っており、多くのセクキャバ店が制服コンセプトで営業しています。
このタイプのセクキャバのメリットは、働いている女性キャストが比較的若いという点です。セクキャバは、下でも紹介しますが、人妻コンセプトなどが人気だということもあり、20代後半から30代がメインで働くお店も少なくないのです。しかし、制服がコンセプトとなると、さすがに年齢的にきついということがあり、こういったお店は若い女性をメインに採用しています。
せっかくセクキャバで楽しむなら若い女性とイチャイチャしたい…と考えている人には非常にオススメ出来るコンセプトです。

セクキャバの醍醐味『人妻・熟女』コンセプト

キャバクラにはあまりないコンセプトで人気なのが『人妻・熟女』コンセプトです。通常のキャバクラであれば、20代中盤で足を洗う人が多い…と言われるほど若い女性がメインで働く職業となっています。しかし、セクキャバに関しては、若い女性よりも、こういった人妻や熟女などのコンセプトが高い人気を誇るのです。ただし、熟女と言っても、キャバクラと比較して…といった感じで、年齢が高くても30代中盤ぐらいまでが多いです。
このタイプのお店になると、「どうせお金を払うなら若い子の方が良い…」などと考えて敬遠する人もいるのですが、実はセクキャバを心底楽しもうと思っているのであれば、非常にオススメなのです。なぜかと言うと、このタイプのお店で働いている女性は、夜の世界にも慣れている人がそれなりに多く、「セクキャバでここまでやってくれるの!」と驚くようなサービスまで提供してくれるキャストが在籍しているのです。セクキャバでエロさを楽しみたいのであれば、若い女性よりも、30歳前後の綺麗なお姉さんと楽しんでいる方が確実に満足のいくサービスを受けることができると思います。
若いキャストは、まだ恥ずかしさを持って接客してきますので、お店を出た後に「少し物足りない…」なんて気になることがありますが、人妻熟女店では大満足できるという人が多いです。

最近増えてきた『素人』コンセプト

企業が副業を認めるようになってきて、女性のWワークも当たり前の時代になっています。実際にキャバクラやセクキャバなど、夜のお店で働く女性の多くは、昼職の本業を持っていて、お小遣い稼ぎのために働いているという人も多いのです。他にも、セクキャバであれば、キャストがお酒を飲まなくても稼ぎが変わりませんので、女子大生のWワーク先として人気になっています。
こういったこともあり、ナイトワーク初心者の女性キャストを集めた『素人』コンセプトのお店も増えています。こういったお店は、キャストの初々しい反応を楽しむために通うなんて人が多いですね。しかし注意が必要なのは、「初々しさ」を完全に演技できるような女性は多く、本当に「夜のお店に慣れていない…」というわけでもないという場合があることです。逆に、本当にナイトワーク初心者のキャストについた場合、最初は反応を楽しめても「エロさ全開のサービス」を受けることは難しいため、満足できなかった…という人も少なくないということでしょう。
他にも、ナイトワーク慣れしていない…ということを理由に、他のお店よりもサービスの内容がかなり甘くなっている場合があることです。例えば、おさわりOKにしても、服の上からだけ…などと言った場合があるので、きちんとどんなサービス内容なのかを調べてから行くようにしましょう。

まとめ

今回は、セクキャバで遊ぼうと考えた時に、注意しておきたいお店ごとのコンセプトについてご紹介してきました。もちろん、この記事で紹介した以外にも独特なコンセプトを決めて営業している店舗がありますが、代表的なものはこんな感じだと思います。
上述したように、セクキャバという業界は、意外と明確なコンセプトを作って営業しているお店が多いため、『若い女の子が好み』という方が人妻コンセプトなどに行った際には、好みの女性がいなくて楽しめなかった…なんて結果になることがあるのです。もちろん、今まで自分では気づいていなかったことに気付けるかもしれませんし、ひとまず行ってみようと考えるのも良いかもしれませんね。
この記事で覚えておいてほしいことは、セクキャバはコンセプトごとに働くキャストのタイプがある程度決まっているということです。つまり、お店のコンセプトを考えずに遊びに行ってしまうと、「楽しいと聞いてたのにセクキャバなんて楽しくないじゃん!」などと失望してしまう可能性があるのです。逆に言えば、自分の求めるコンセプトのお店を見つければ、キャバクラなんかよりもよっぽど楽しむことができると思いますよ!