今回は、セクキャバ嬢が「こんな客は二度と接客したくない!」と考えてしまうような、セクキャバ嬢に嫌われてしまう客の特徴をご紹介します。

セクキャバは、キャバクラのように女の子にお酒の相手をしてもらえる接客飲食店なのですが、キャバクラとは異なり、接客してもらえる女の子へのお触りがOKとされており、可愛い女の子とイチャイチャしながらお酒を楽しめるのが特徴です。近年では、どうせ飲むなら、女の子との距離感が極限まで近くなったセクキャバの方が楽しいという意見も増えており、特に若い層の方に関しては圧倒的にセクキャバの人気が高くなっていると言われています。

実際に、セクキャバの客が増えるに伴って、「セクキャバの方が割りきって稼げる」という情報が出回っていることから、もともとキャバ嬢として働いていたレベルの高い女性がセクキャバに移籍するということも増加しているそうです。当然、セクキャバで遊ぶときには、できるだけ女の子から良いサービスを受けたいと誰もが考えるのでしょうが、お客様の行動ひとつでセクキャバ嬢のやる気が失せてしまう…なんてことも珍しくないのです。セクキャバで楽しみたいのであれば、自分のことだけを考えるのではなく、女の子のこともよく考えてお酒を飲むのがオススメです。
実際に多くのセクキャバ嬢に聞いてみれば、良いお客様と嫌なお客様では接客の力の入れ方が全然違うと言います。そこで今回は、セクキャバ嬢に嫌われてしまう可能性があるお客様の特徴をご紹介します。

セクキャバ嬢が考える「こんな客は嫌!」の特徴は?

それでは、セクキャバ嬢が考える「二度と接客したくない!」と考えるお客様の特徴をご紹介しましょう。お客様の中には、「高い金を払うのだから、どんな客にもきちんと接客しろ!」と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、セクキャバ嬢も人間ですし、誰にでも最高の接客をするなどは到底無理なものなのです。
もちろん、セクキャバ嬢側は、出来る限りお客様を楽しませる為の努力はするのですが、度を越して常識外なお客様がいれば、「そんな人を接客したくない…」と考える権利は女の子側にもあるのです。ここでは、特にセクキャバ嬢に嫌われてしまうポイントをご紹介しておきましょう。

女の子やセクキャバという職業を見下す

これは、夜のお店であれば、全ての職業共通で嫌われてしまいます。例えば、

「おっぱい触らせるだけで高い給料が貰えるなんて、女は楽だね」
「セクキャバなんて、ストレスもなく楽して稼げていいよね」

セクキャバに行った時に、こんな発言をしたことがある…なんて人はいませんか?これは、セクキャバ嬢が「二度と接客したくない!」と考えるお客様の特徴ナンバーワンといえるものです。はっきり言うと、もはや暴言レベルの失礼な発言と考えた方が良いですよ。
もちろん、ここまでの発言でなくても、「女性は夜の仕事が選べていいよな」というような、女は楽して稼げそう…などと言った発言をしてしまうと、全ての女性から反感を買ってしまうと思います。無意識にこういった発言をする人の中には、「事実じゃん!」と思う方もいるかもしれませんが、あなたは毎日見ず知らずの人に接客しなければいけない男性版の夜のお店で働けますか?という話です。想像してみればわかりますが、相当の苦労とストレスの中、お客様を楽しませなければいけない、本当に大変な仕事なのです。

他にも、「こんな仕事、親や彼氏は知っているの?」といったデリカシーのない発言もNGですよ。セクキャバで働く女性の中には、自分の学費を稼ぐために無理して働いている…、親に頼れるものなら頼りたい…、小さな子供のために稼がなければならない…など、人それぞれの理由があるのです。誰でも同じですが、自分の仕事について、他人に好き勝手言われて良い気がする人なんていません。人様の仕事に関して、勝手に下に見て貶すような人が好まれるわけはありませんよ。

清潔感が無い人(不潔な人)

セクキャバで遊ぶときには、最低限の清潔感に気を付けなければいけません。セクキャバは、キャバクラなんかと比較しても、非常に近い距離で女の子と密着できるお店です。デリヘルなどのように、サービスの前にシャワーを浴びる時間などありませんので、お店に行く前にきちんと自分の状態をチェックしましょう。セクキャバ嬢に嫌われてしまう状態は、主に以下のようなことです。

  • ● 体臭や口臭がキツイ…汗臭い…
  • ● 何日も洗濯していないの…?と思ってしまうほど服が臭い…
  • ● セクキャバに来る前に食べた物の臭いがキツイ(ニンニクなど)…
  • ● 足がとんでもなく臭い…
  • ● タバコの臭い…

上記に様に、清潔感を感じられない人に関しては、セクキャバ嬢に嫌われてしまう可能性があります。特に女性というものはニオイに敏感な人が多いため、来店前にニオイがキツイ物を食べた・飲んだなどの場合、その臭いで接客が嫌になってしまう…という人もいるのです。また、爪を切っていなくてゴミが詰まっている、頭を良く掻くという人は嫌…というセクキャバ嬢も少なくありません。

セクキャバでは、キスや胸を触れるというのが大きなメリットとなって多くのお客様から支持されているのですが、不衛生なお客様が来たときには「その手で触られるの…」「近づいたら口臭が…」などと、笑顔でも目が笑っていない…という状況も少なくないのです。当然、そのような不衛生なお客様だと、女の子から塩対応されてしまうことが多いです。
この部分は、自分がちょっと注意しておけば、女の子からきちんと接客してもらえるポイントになるのですから、清潔感を持つように心がけましょう。ちなみに、清潔感は普段の生活の中で女性に接する時も重要ですよ。

泥酔しているなど乱暴な客

これも全ての夜のお店で嫌われるお客様の特徴です。セクキャバなどと言ったお店は、基本的にどこかで飲んだ2件目や3件目に訪れるお店です。したがって、入店するときにはすでに酔っぱらっている…なんてお客様も多いです。もちろん、女の子に危害がありそうなほど泥酔しているのであれば入店自体を断られる場合もあるのですが、普通に入店したお客様が実はかなり酔っていた…なんてパターンもあるのです。

こういったお酒に酔ったお客様の中には、お店に禁止されているような下半身へのお触りを強要しようとしたり、しつこく店外デートを迫ってくるなど、自分の気持ちに忠実で、ルールを守らず遊んでしまい、女の子側に嫌われてしまうパターンが多いです。もちろん、シラフの場合はそんなことはない人でも、セクキャバ嬢側にはそんなの関係ありませんし、「お酒に飲まれてしまうだらしない人…」と嫌われてしまうのです。

他にも、酔っぱらっていないお客様の中でも、執拗に乳首を責める人はあまり好まれることはありません。特に乳首を甘噛みしてみるなんて、喜ぶセクキャバ嬢はいません。最近では、AVの影響なのか、乳首を執拗にいじることで女性が喜ぶと勘違いしている人が多いのですが、はっきり言うと『痛い』だけなのです。特にセクキャバ嬢は、何人も接客しているわけですので、皆さんが考えているよりも蓄積疲労がたまっていると考えてください。
セクキャバで遊ぶときには、女の子の状態も気にしてあげて、女の子が嫌がるような行為は絶対にやめておきましょう。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢に嫌われてしまうお客様の特徴をご紹介しました。本稿でご紹介したような行為をしてしまうと、セクキャバ嬢は興ざめしてしまい、サービスも塩対応になってしまうことでしょう。もちろん、高いお金を出して遊びに行くわけですから、「客の要望には応えろよ」と考えてしまうのも分かります。しかし、お客様はあくまでもお客様であり、神様ではないのです。お店側やセクキャバ嬢側にもお客様を選ぶ権利というものがありますので、「二度と来てほしくない…」という人に一生懸命最高のサービスをしようなどと考えるわけはありませんよね。

セクキャバで遊ぶときには、お店やセクキャバ嬢側もあなたを「良客」なのか「クソ客」なのかを判断しているということを意識して楽しむようにしましょう。一般常識的なお客様であれば、セクキャバ嬢は必ず一生懸命接客してくれると思いますよ!